• <アンチエイジング・美白・しわ・たるみ対策として話題!>
  • 口コミで大評判の植物発酵エキス配合化粧品を「効果・効能」に注目してランキング形式でまとめました。
 
  •  
  • 商品名
  • 価格・容量
  • 評価
  • 編集長の総括
  • 詳細
  • 純選堂 ローズピー

    ローズピー

    純選堂

  • 総得点 29
    価格 7,560円
    容量 1.5ml×30本
    その他
  • 植物性プラセンタエキスであるバチルス(セラビオ)が35%と高配合されている美容液です。配合量の高さが効果が好印象ですね。完全無添加なのでお肌にとっても優しくて、安全。極めつけは、一回使い切りのアンプルタイプ。 やっぱリフレッシュなエッセンスは効果絶大!な気になっちゃいますね(笑)口コミの評価からも、この商品から試してみるといいと思います。

  • たかの友梨 セルピュアアンプル30

    セルプラチナム Frセルピュアアンプル30

    たかの友梨

  • 総得点 23
    価格 18,000円
    容量 2ml×30本
    その他
  • エステで有名、たかの友梨。バチルスの配合量は少なめですが、幼羊毛根由来細胞微細粒子エキスやエーデルワイス新根細胞発行エキスなどを配合しており効果としては好評のようです。1回使いきりのアンプルはローズピー同様、評価が高いですね。ただ、ちょっと値は張るので、予算に余裕のある人向けといえますね。

  • 純選堂 ローズピー

    アイムピンチ

    MIRAI

  • 総得点 20
    価格 12,600円
    容量 60ml
    その他
  • 日本一売れている化粧品と聞くと 「効果があるのかも?」と思ってしまいますね^^; 口コミのもたくさんありましたが、プラスとマイナスと半々ってところでした。マイナスでは営業電話が多すぎるっていうのが圧倒的。セラビオ(バチルス)を30%高配合しているためか、効果は非常に好評だっただけにもったいない気もしました。

 

植物由来と動物由来のプラセンタの違いやバチルスについての説明など

基本的にプラセンタといえば豚や馬などの胎盤を使った動物性のものを言います。
しかし最近は「植物性プラセンタ」というものが口コミなどでも評判になってるみたいなんですよね。。
植物性のプラセンタって一体なんでしょうかね?だって植物に胎盤はないですから。実際のところ、どういったものを植物性のプラセンタと呼ぶんでしょうか?
まず、この植物性プラセンタが一体何から抽出されているのかというと、胎座と呼ばれるものからだそうです。
名前に「胎」という字が入っているのでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、これは植物における胎盤の役割を果たすものなのです。
この胎座から抽出したプラセンタは、哺乳類のプラセンタと同じようにアミノ酸やミネラルが豊富に含まれていて、動物性のものとかなり似た代物なのです
また、バチルスという国産大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させたエキスも植物由来プラセンタと言われているそうです。

※バチルスはバチルス発酵菌といい、タンパク質成分の分解酵素です。
このバチルスは古い角質(死んだ細胞)のみに反応して汚れを取り除くため、肌に優しくダメージが無く、毎日のお手入れ・化粧もバチルス配合のスキンケアは積極的に使用できます。
バチルスは「人工皮膚成分」の中で一番肌実感が体験できると口コミでも絶賛された夢のピーリング成分です。


しかし、あくまで「似ている」だけで、動物性プラセンタにあって植物性プラセンタに存在しない成分がありますので、これが存在しない限り「同じ」とは言えません。
その存在していない成分とは「成長因子」です。これはかなり大きな違いだと思います。

 

植物性プラセンタの場合は、美肌や美白といった美肌効果を得る為に使用するものといった感じですね。
体質改善には効果は期待できないかもしれませんが、美容には期待できるみたいなので、美肌を目指している人には、比較的動物性よりも安価で手に入りやすい植物性のプラセンタの方がいいのかも。

 

ただ、あくまでも動物性と植物性では、全く違うものってことは忘れないでください。 

※たまに、悪質なサイトだと、植物性のプラセンタであっても、動物性のと同じだと説明されていることがあります。商品を売るためだけの悪質な宣伝文句や口コミには要注意ですね。

 

だからといって、人がプラセンタに求める効果が一切期待できないというわけではありません。
上にも書いた通り、植物性プラセンタにもアミノ酸やミネラルが豊富に含まれていますので、それによって美肌や健康への影響があり得ます。
本来の目的は「成長因子を取りこむこと」ではなく、「今以上の美肌・健康を目指すこと」ですから、植物性プラセンタで結果が見える人は、バチルスなどの植物性プラセンタ様エキスでも問題ないでしょう。

また、動物性プラセンタは、病原菌などの関係でどうしても取りこむことが不安という方もいらっしゃいます。
「プラセンタ注射を打った人は輸血ができなくなってしまう」ということが事実である限り、今までなかったとはいえ一切の心配がないとは言えませんから、敏感になってしまうのも仕方ありません。
そういった方が安心して取り入れられる成分として、植物性プラセンタは口コミでも評判を呼んでいるようです。


動物由来プラセンタよりも安全な、植物由来プラセンタ様エキスであるバチルス配合の化粧品であなたも綺麗な肌を目指しましょう!!





 

ページ上部へ!!

QLOOKアクセス解析