使ってみたら意外と良かったランキング
  • 加齢臭や体臭についてのアレコレ


  • 加齢臭とは?
  • 加齢臭(かれいしゅう)=エイジングノート(英語)は、中高年特有の体臭の俗称です。

    2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの「ノネナール」であることが発見され、この体臭は、資生堂により「加齢臭(かれいしゅう)」と言う名称が付けられました。
    「ノネナール」は、中高年になると増える「不飽和脂肪酸」が酸化分解されて生成される物質なのですが、コレステロールや中性脂肪といった脂質が、 活性酸素によって酸化されたものの総称である「過酸化脂質」により、「不飽和脂肪酸」が酸化分解を促進するため、運動不足で脂質を好む中高年が、「加齢臭」になりやすいといわれています。

  • 毛穴の悩みとは…
  • 加齢臭の原因
  • 加齢臭はノネナールと言われるニオイ成分が原因です。

    日本人は体臭が極めて少ない民族として知られてきました。
    それは低脂肪高繊維質、植物性食品が中心の食生活だったからです。

    つまり、和食は体臭を発生させにくいのです。

    ところが戦後の食生活の大きな変化により、日本でも高タンパク高脂肪、特に肉や乳製品等の動物性脂肪過多の食事になったことで、より体臭が発生しやすい食生活の原因を作りだすようになりました。

    男クサさと加齢臭は別物。
    人間の体臭には口臭や頭皮臭、腋臭、汗臭など様々あり、ノネナールはそれらとは異なるニオイ成分です。体臭はそれらのニオイが混ざったもので、加齢臭だけを特定することはできません。

    つまり、体臭をすべて加齢臭でひとくくりにするのがそもそもの間違いなのです。
    体臭にもいろいろあり、よくいう『男クサさ』と加齢臭は別物。男クサさには腋臭のニオイ成分であるアンドロステノンが関係しているといわれています。アンドロステノンは腋の下のアポクリン汗腺から分泌される男性ホルモンが、皮膚の常在菌によって代謝されてできるもので、男性の方が多いとされています。男クサさは男性ホルモンが原因とは、まさにイメージ通り。
    でもなんで加齢臭はオヤジ臭いで限定されたのでしょう?
    「タバコを吸い、お酒を飲み、整髪料を使うなど、中年男性のイメージがひとり歩きしたのかも知れません。加齢臭は衣類に付着するので、同じスーツを毎日着ればニオイも強くなります。女性は普段から身だしなみを気にするので、ニオイが気にならないともいえます。

    また、タバコを吸うと「活性酸素」が増えるのですが、ノネナールの成分作りを促進します。
    つまり、タバコは加齢臭の原因のひとつといえるのです。

    最近では加齢臭は女性にもあるということが着目されています。誰にも相談できずに悩んでいる方も多いようです。



    挑戦!加齢臭の元、ノネナール!男のニオイ、デ・オウ(R)で洗浄。

  • 早めの対策で、ニオイの原因を抑えられます。
  • 加齢臭の対策と言っても具体的には何をしたらいいのでしょうか?加齢臭は表面的な汚れや臭いとは違うため、ニオイの原因元を直接取り除く必要があります。

    しかし、加齢臭の原因であるノネナールは通常の石鹸などでは落ちにくいという特徴もあります。

  • 加齢臭の対策と予防
  • 加齢臭の原因であるノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効です。加齢臭自体は機能性香料である程度抑えることもできます。

    抗酸化作用でよく知られる食品
    ポリフェノール
    お茶のカテキン
    大豆のイソフラボン
    ブルーベリーのアントシアニン
    カロチノイド
    トマトのリコピン
    にんじん、パセリ、ほうれん草のβカロチン
    βクリプトキサンチン
    みかん、柿、カボチャの種
    ゴマグナリン
    ゴマ
  • 1日に必要な食物繊維をきちんと摂取しましょう
  • 食物繊維の豊富な食品をたくさん食べ、規則正しいお通じを心がけることで、体内での発酵や腐敗を防ぎ、加齢臭だけではなく口臭や便臭を抑えることができます。
    便秘している時のオナラはクサイです。これは、腸内で老廃物が発酵して悪臭を発生させるからです。

    1日に必要な食物繊維の量は20-25g。ただし、お腹の掃除をしてくれるといわれる繊維質も摂り過ぎると体に必要な栄養素を一緒に排出してしまいます。

    また最近、食物繊維食品として寒天が大流行していますが、寒天ばかり食べていても栄養が偏ってしまいますから、様々な食品を組み合わせて繊維質の多い食事を摂るように心がけましょう。
    白米よりも食物繊維を4倍も含む玄米に切り替える、または白米に玄米を混ぜるとか、日本食とは切っても切り離せない大豆等の豆類や、ひじきや切干大根といった乾物も食物繊維が豊富で栄養豊かな食品です。

  • 清潔な生活を心がけることも大切です
  • 清潔な生活を心掛けることも大切でしょう。ことに皮膚表面の汚れや過多な脂肪分は、石鹸などで洗い落とし、さっぱりしましょう。
    汗をかく暑い夏などはこまめに下着を変えて、常在菌が繁殖するのを防ぐことも大切です。
    汗を直接吸収する木綿の下着を着たほうが、肌に直接ワイシャツ、ネクタイというより、においの対策になるでしょう。
  • 加齢臭に強い人・弱い人
  • 喫煙・飲酒・ストレス、不規則な生活・脂っこい食事。こういう生活習慣の人が加齢臭も強くなる傾向にあります。

    もちろん不潔な人が加齢臭が強いのは当然です。
    皮膚表面の汚れや過多な脂肪分は、放っておくと常在菌が繁殖しますので、特に夏場などは毎日入浴し、石鹸できれに洗い流すことが大切です。
    また服もこまめに交換することも必要です。

  • 加齢臭はどこから臭う?
  • なぜ体臭・加齢臭は発生するのでしょうか?

    人の皮膚には「皮脂を分泌する穴」と「汗を分泌する穴」があります。汗を出す穴にはさらに2種類の穴があり、一つは体温を調節する為の穴「エクリン腺」とごく限られた場所にしかない「アポクリン腺」という穴があります。
    皮脂腺は、皮膚の内層にあって、脂質を蓄積し、毛孔を通じて皮脂として体表に分泌する腺。手のひらと足のうら以外の全身にあります。

    皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化したり、醗酵したりして体臭の原因物質になります
    皮脂腺には「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が溜まっていき、これが酸化、分解することにより「ノネナール」と呼ばれる体臭・加齢臭の原因物質になります。

    だいたい40歳ぐらいから酸化に対する抑制力が低下しはじめ、ノネナールが多く発生してしまいます。これは一般に「加齢臭」とよばれるものです。加齢臭はほぼ全身から臭うといって差し支えないでしょう。

  • 女性にもある加齢臭
  • 加齢臭といわれる体臭成分は、青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められます。つまり女性にも加齢臭はあるのです。

    年齢と共に、ノネナール増加の原因であり加齢臭の元といわれる脂肪酸は増加してきます。
    また、歳とともに皮脂中に過酸化脂質の量が多くなり、これが原因で加齢臭が起こりやすくなるといわれています。

    加齢臭が、女性よりも男性のほうに強く発生するのは、もともと男性のほうが皮脂の分泌量が多いことが第一の原因と考えられています。しかし、顔や胸、背中などの皮脂腺が多い部分から若い女性でも30歳くらいから「加齢臭」がすることがあることもわかっていますので、普段から臭いに敏感であることが大事です。

    【閉経後は男性と同じ条件になります。】
    女性もホルモンが分泌されている間は、加齢臭を防ぎ止めることができますが、50代、60代とホルモン分泌が低下してくると、だんだんオヤジ臭くなってきます。理由は女性ホルモンとの関係です。

    40歳代の女性はまだ閉経前で、体の調整が女性ホルモンによって左右されています。言い換えると体がホルモンによって守られています。
    ことに酸化に対する抑止力も男性より強いのです。全て子孫を残すため、体の条件がそのように出来ているのです。

    しかし更年期を過ぎ、閉経後は男性と同じ条件になりますので、高年齢の女性も「加齢臭」が出ています。ただし、いつまでも若々しく、女性ホルモンを持ち続けている人はその限りではないでしょう。
  • 【女性におすすめの石鹸】
    女性に人気の「ジャムウプレミアムソープ」。
    是非ともお試しください。
  • 女性の加齢臭 予防と対策
  • 1.食事の改善
    添加物の多い加工食品、薫製、鰹節、スモークサーモン、魚の干物、かりんとう、ポテトチップス、揚げてから時間のたつテンプラや揚げ物類などは、活性酸素の発生とつながる要注意食品です。こうした食品を食生活から外すことを考えましょう。
    また、緑黄色野菜を生ジュースにしてたっぷり飲んだり、ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンE、OPC、DNAなどの抗酸化物質を積極的に体内にとり入れ、活性酸素を消去することが、加齢臭対策として有効です。
    2.生活習慣の改善
    過食、偏食、アルコール類の飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足、ストレスを避けることはいうまでもありません。激しい運動、怒りやイライラも活性酸素の発生につながりますので、気をつけてください。
    3.サプリメントの摂取と清潔な生活
    そうはいっても、なかなか生活習慣を変えられないのであれば、サプリメントの服用、そして、専用の石鹸等で、肌のよごれやバクテリア、過剰な脂肪分をその日のうちに洗い流すように心がけましょう。
    体を清潔に保つことはマストです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ホームページランキング
 

ページ上部へ